メンタルヘルストレンズクラブ(MHTC)検定 感情編 全10問解説

メンタルヘルストレンズクラブ(MHTC)検定 感情編 第1問から第10問
https://nhtj.biz/mhtc2/

第1問 望む事の映像と思う事の映像の違いで当てはまらないもの一つは?

1.望む映像ではなく、思う映像を下意識は命令とみなし実行する
2. 夢は必ず実現する
3.望まない映像を思えば、下意識は望まない方向に向かう命令とみなす
4.望むと望まない相反する映像を繰り返し思うと、迷いが生じて動けない

第2問 望む事と望まない事を思う影響の解説について当てはまらないもの一つは?
1.望もうが、望まないが、思った事が現実になる可能性が高い
2.望む映像は、ご機嫌に、望まない映像は、不機嫌な感情に導く
3.機嫌な時は、望まない映像が浮かび、ご機嫌な時は、望む映像が浮かびやすい
4.人は望む事を常に思うように出来ている

第3問 不機嫌になる理由について当てはまらないもの一つは?

1.縄張りを侵害された時
2.やつあたりを受けた時
3.望まない未来が浮かんだ時
4.お金を沢山使った時

第4問 感情と健康の関連について当てはまらないもの一つは?

1.不機嫌だと、望まないことを思うので、体は不健康に向かう
2.上機嫌だと、望む事を思うので、体は上健康に向かう
3.ストレスやプレッシャーに対しても、楽しめるのであれば、上健康に向かう
4.何故、病気になるかを考えれば、上健康になる

第5問 トラウマをコーチにするルーティーンで当てはまらないもの一つは?
1.出てきたイメージから呪文を作り望みのイメージにつなげる
2.コンプレックスもトラウマと同じように使える
3. 最終的には、トラウマのネガティブ感情から逃れられる
4.トラウマは多ければ多い方が良いので積極的に作った方が良い

第6問 繰り返し、望まない不安なイメージが出てきた時の対処法で当てはまらないもの一つは?
1.下意識にその不安を実現するように仕向けることになるから、望むイメージを意識的に出す
2.その望まない現実を自分らしいと感じれば適応できるので不安を思い続ける
3.その不安な状況に対して、抜け出る方法と抜け出たイメージを上書きする
4.その不安を無視して問題無いのであれば、他の楽しい事を考える

第7問 不機嫌及びご機嫌な時にするべき事で当てはまらないもの一つは?
1.ご機嫌な時は、アファーメーションの内容に沿って、夢を繰り返し、作業をする
2.不機嫌な時は、アファーメーションをするか、他を考えるか、無心になるか、寝る
3. 決断や選択は不機嫌な時は保留して、冷静な時にする
4.常にご機嫌である事を目指す

第8問 恐怖や不安を利用する方法で当てはまらないもの一つは?

1.恐怖や不安は望まない方向のイメージなので、反面教師にして自分の望みを確認する
2.アファーメーションを行う切っ掛けにして習慣にする
3.緊急事態は自分らしさや自分の殻を破る期会だと認識して生かす
4.同じ不安を抱える人で集まり傷を慰め合う

第9問 気分転換や切替えの方法について当てはまらないもの一つは?

1.食べたり飲んだりしたり、ギャンブルで気晴らしたりする
2.場所を変えたり運動する
3.入浴、食事など、タイムアウト的に一回流れを切る
4.アファーメーションを唱えたり録音したものを聞く

第10問 自分の心が現実に多く影響を与えるメンタル理論との関係に当てはまらないもの一つは?

1.超ひも理論によると全てはエネルギーで出来ていて生命の観測が形を作るから
2.量子力学によると現実は観測者の数だけ無数に存在するから
3. 相対性理論によると場所により時間の進み方が違うから
4.行動経済学によるとほとんどの人は勘定でなく感情で行動するから