プラチナ契約でアクティブ更新は必要なくなりました

アクティブと呼ばれる、ボーナスを受け取る条件、左右の点数(BV)を残すための4週間に一度の購入は必要無くなりました。

ただ、オートシップバンクと呼ばれる、10万円以上の収入が発生した時、10%は製品の商品券的なものとなります。

ある意味、成功報酬的なものですから、収入を取る前から定期購入が負担になるようなことは回避されます。

2014年よりアメリカや香港、ヨーロッパなど大きな市場で導入されて、NHTは急成長しました。

ナスダックに再上場し、フォーチュン誌によると、FACEBBOOK、AMAZONを抑えて企業成長率NO1。

本社はLAに移転。幹細胞に焦点を当てた新製品ステムリニュは、世界的に大反響で生産が間に合わない状態です。

この証明されたビジネスモデルが2018年、日本市場にも導入される予定です。

そして、ほぼ、日本では、このはこの状況に1億2千万人がノーマーク。

これから10年、20年後、”タイムトラベルしてこの東京オリンピックあたりの

日本に行って、NHTのチャンスをつかみたいな”

と思う方が多数現れると思うぐらいの現状ですね。